ペロペロキャンディを最後までペロペロしてみた

 

こんにちは。  

 

先日、友人が新婚旅行から戻ってきました。

 

友人夫妻が訪れた場所は本場のネズミのワンダーランド  

つまりアメリカのディズニーランドです。

 

 

dhizuni
※イメージ

 

 

 

新婚旅行でカルフォルニアディズニーとは羨ましいですね。 豪遊しまくったそうです。  

 

 

ちなみに、旅行にかかった費用を聞くとマジで吐きそうになりました

根っからの貧乏症な自分には全く縁がない世界でしょう。

 

 

 

 

さて…。 友人からはお土産にこのようなものを頂きました。

 

 

  

「夢の国のペロペロキャンディ」

 

 

 

略して「夢のペロキャン」です。

 

 

 _I2A4425  

重量は241グラム。

 

 

 _I2A4419  

週刊少年ジャンプと比較してみました。ご覧のとおりなかなかの大きさです。

 

 

 

猫と遊ぶのにも手頃なサイズ。        

 

 

 

 

 

実は俺、生まれてこのかたペロペロキャンディを食べたことがありません。

これが人生初のペロキャンです。

 

 

_I2A4436      

 

 

そして俺は思いました。  

 

「ペロペロ」という名称がついている以上ペロペロキャンディは、やはり最後までペロペロするのが然るべきなんじゃないかと。  

 

なので、全く噛むことはせずに最後までペロペロ舐めるのみで食べきろうと思います。

 

 

 

 

_I2A4441

 

_I2A4440  

 

包装を取るとこんな感じ。

ずっと見続けてると、なんか異次元に吸い込まれそうだ。

 

 

 

ではさっそく舐めてみましょう。

人生初のペロペロキャンディ、果たしてどんな味がするんだろうか……。

 

 

_I2A4444

ペロリ

 

 

 

_I2A4445

………………………。      

 

 

 

 

img1458593391801

普通だ………!

 

 

全く美味しくもなく、かといってかなり不味いというものでもない。

 

ただ甘味料を固めただけのような味。

まさに「ただの飴」

 

 

 

本場の夢の国のお菓子ということで、楽しみにしていたのですが期待していたほどではありませんでした。

 

まぁそれでも舐め続けるとしましょう。  

 

 

 

_I2A4452

ペロペロペロペロ

 

 

 

_I2A4452

ペロペロペロペロ

 

 

 

_I2A4452

ペロペロペロペロ

 

 

 

_I2A4452

ペロペロペロペロ

 

 

 

 _I2A4464_1

飽きた……。

 

 

 

 舐め始めて5分で味に飽きました。味があまりにも単調すぎるのです。

 

 

しかし舐め続けない限り、いつまで経ってもキャンディは減らないので舐め続けていきます。

 

 

 

 キャンディぺろ

ペロペロペロペロ 

 

 

 

_I2A4446  

舐め続けると、表面の合成着色料が溶けてきました。

 

 

 

_I2A4459_1 

 

同時に合成着色料が自分の舌の上で混ざり合い、まるでカビが生えたかのよう。

 

このキャンディ身体にめちゃくちゃ悪いんじゃね?

 

一瞬そう考えましたが、夢の国の食べ物なので問題ないはず。

そう願いたい。

 

 

心を無にしてひたすら舐め続けます。

 

 

_I2A4463_1

ペロペロペロペロ

 

 

 

 

_I2A4461 

 

 

ペロペロ舐め続けて5時間経過しました。

 

ようやくここまで消化。

 

 

気づけば午前5時を回ろうとしていたので、初日はここまでにしておきました。

 

 

_I2A4467  

 

キャンディはビニール袋を被せてリビングのペン立てに立てておきます。

これで埃が付着する心配はありません。

 

 

 

 

翌朝。 土産をくれた友人から電話がかかってきました。

 

 

「どうせ暇だろ。どっか行こう。今から車でそっち行くから支度しときな」

「朝までペロペロしていたから寝かせて」

と答えたのですが

「意味わからん」

と言われ一方的に電話を切られました。

 

ペロペロキャンディで撲殺してやろうかと思いました。

 

 

 

 _I2A4470

「おはよー」    

 

 

_I2A4471      

 

 

_I2A4470_1

「ペロペロしながら出かけるぞ」

 

 

_I2A4471

何言ってんだこいつ……

 

 

 

 

車で最寄りのショッピングモールへ。

 

 

1458548119373b

もちろん移動中の車内でもペロペロします。

 

 

1458548124280b

ショッピングモールに到着しました。 駐車場からエスカレーターを使って下のフロアに向かいます。

 

 

 

1458548066731b

ペロペロペロペロ

 

 

 

1458548146888b

ペロペロペロペロ

 

 

 

1458548155814b

指示棒代わりにもなるペロペロキャンディ。

 

 

 

1458548108911b

片手が塞がっててもUFO キャッチャーならプレイできます。

 

 

 

1458548080987b

カーネルおじさんにもペロペロさせてあげましょう。 見ての通りご満悦な表情です。

 

 

 

ショッピングモールで何もショッピングせずに一通りぶらついた後は、おしゃれなカフェで優雅なティータイムをとることにしました。

 

 

 

_I2A4473  

 

 

本格的なウィーンスタイルのカフェですが、お洒落すぎて少し固い感じがします。

なので、ペロペロキャンディを加えてみました。  

 

何事もちょっぴりアクセントを加える。これが大事ですね。

 

 

 

1458548161923b

コーヒーをすすり…

 

 

1458548169351b

キャンディをペロペロする。      

 

 

なんて優雅なティータイムでしょう。        

 

 

 

そして帰宅。

寝不足だったのですぐに寝ました。

 

 

 

_I2A4477

まだまだ先は長い……。          

 

 

 

 

 

翌日もペロペロします。

 

 

_I2A4478  

 

_I2A4480

ペロペロペロペロ    

 

 

 

キャンディ回転 

ペロペロするだけでは飽きるので、たまにキャンディを踊らせてみました。

 

 

 

_I2A4515 

ようやく7分の1ぐらいいったかな…。  

 

 

 

 

 

翌日もそのまた翌日も欠かさずペロペロ。

ほぼ毎日欠かさずペロペロし続けました。

 

 

_I2A4519

ペロペロペロペロ    

 

 

 

_I2A4521

ペロペロペロペロ    

 

 

 

xx

ニャー

 

 

 

 

キャンディとる舐め

 

こんな感じにペン立てからキャンディを取り出し、ペロペロしております。

 

 

 

 

_I2A4522

ようやく棒の先端が見えてきました。

少しずつですが順調にキャンディが減ってます。

 

 

 

 

 

 

しかしある日、事件が起きました。

 

 

 

 

_I2A4540

2つに割れた。

 

 

 

ペロペロしている最中、誤ってキャンディを床に落としてしまったのです。

落下の衝撃に耐えることは難しかったようで、無情にもキャンディは2つに割れてしまいました。

 

ちなみにキャンディに白い部分が多いのは、落としてしまった時に埃が大量に付着したので水洗いしたからです。

表面の合成着色料がごっそり流れていきました。

 

 

DSC_0001a

工場で頑張って働いている人の手みたいになりました。

 

 

 

 

_I2A4528

水洗いしたことによりキャンディに色味がなくなってしまい、なんだか寂しいので梅パチを振りかけてみることにしました。

 

 

 

 

_I2A4541

フリフリ…

 

 

 

_I2A4542

フリフリフリ…

 

 

 

_I2A4543

ファサァ…

 

 

 

_I2A4546

原色以外の色味が加わり、目に優しい感じになりました。

 

 

 

_I2A4551

さて…梅パチを振りかけたペロペロキャンディ、どんな味がするのだろうか……?

 

 

 

_I2A4553

ペロリ

 

 

 

_I2A4554

………………………。      

 

 

 

img1460282535820

味が混ざってない………!

 

 

キャンディと梅パチ、互いの味が主張し合って舌の上で混ざってません。

真っ先に梅パチの酸味が舌を刺激し、その後徐々にキャンディの甘みが舌に伝わってきます。

 

どうやら異国のお菓子同士、仲良く交わることはできないようです。

 

 

 

 

_I2A4556

箸でキャンディを持ったままペロペロし続けるのは面倒なので、砕いて一欠片ずつペロペロすることにしました。

 

 

 

 

〜1週間後〜

 

 

 

_I2A4570

キャンディをペロペロし続けることに、いい加減疲れてきました。

 

 

なんで俺はこんなことをしているんだろう……。なんで噛まずにずっとペロペロしているのだろう……。なんでこんな楽しくもないことをやり続けているのだろう……。

 

 

自問自答を繰り返しながら砕いたキャンディを一欠片ずつペロペロし続けます。

 

 

 

 

_I2A4572

あぁ……、これが綾瀬はるかの背中だったら喜んでペロペロするのに……

 

 

 

_I2A4571

ペロペロペロペロ

 

 

 

キャンディをくれた友人には最初こそ感謝しましたが、今では憎しみの感情しか湧いてきません。

 

 

 

 

 

〜10日後〜

 

 

oo

 

キャンディをペロペロし始めた頃はまだ厚着でしたが、半袖で過ごせるくらい暖かくなってきました。

キャンディに翻弄され、自分の精神状態も危うくなってきました。

 

 

 

oo_1

 

そして気づけば、残すは最後の一欠片。

 

長かった……。

 

 

 

oo_2

ようやくこのペロペロの苦しみから解放される……。

 

 

 

oo_3

パクリ

 

 

 

oo_4

ペロペロペロペロ    

 

 

 

oo_5

終わった……。

 

 

 

oo_6

……………………。

 

 

 

 

oo_7

一体俺は……このキャンディをペロペロし続けることで何を得ることができたんだろうか……。

 

 

 

oo_8

なんだか…眠くなってきたなぁ………。

 

 

 

bb

 

 

 

bbbb

 

 

 

bbbbb

 

 

 

bbbbbbb

 

 

 

ペロペロキャンディは大量の合成着色料を自分の舌先に残して、溶けていきました。

 

同時に言い知れない虚無感が体に襲ってきました。

 

 

もう一生ペロペロしたくありません。

 

 

またペロペロキャンディを貰うことがあっても、今度は真っ先に下記の店に買い取っていただきたいと思います。

 

 

 

しかし、一応問い合わせてみたところ、ペロペロキャンディは買取不可でした。

 

おわり。

 

 

↓ブログランキング参加中。べっ…別にクリックしてくれても全然嬉しくないんだからね……!(照)

  にほんブログ村 旅行ブログへ

 

大悟

超インドア派。妄想族である。好きなTV番組は「SASUKE」。
詳しいプロフィールはこちら

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA